表現工房 洗濯船

洗濯船に
乗ってみないか?

芝居と音楽の融け合った演劇作品を発信するグループ。
音楽の力、面白さに目を向けて、オリジナルの脚本と楽曲を軸に、表現活動を展開中。現代劇、声楽、ミュージカル、作曲と、様々なバックボーンを持ったパフォーマーが集まる。

CONCEPT

コンセプト

NEWS

ニュース

12月3日(火)

ランチタイムコンサート vol.3

ランチタイムコンサート vol.3


 
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、ファゼーロとロザーロ、羊飼のミーロや、顔の赤いこどもたち、地主のテーモ、山猫博士のボーガント・デストゥパーゴなど、いまこの暗い巨きな石の建物のなかで考えていると、
 
詳しくはこちら

5月21日(火)

モダン童話集

ランチタイムコンサート vol.2


 
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、ファゼーロとロザーロ、羊飼のミーロや、顔の赤いこどもたち、地主のテーモ、山猫博士のボーガント・デストゥパーゴなど、いまこの暗い巨きな石の建物のなかで考えていると、
 
詳しくはこちら

1月12日(土)〜

Olympic the Musical

オリンピック・ザ・ミュージカル


 
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、ファゼーロとロザーロ、羊飼のミーロや、顔の赤いこどもたち、地主のテーモ、山猫博士のボーガント・デストゥパーゴなど、いまこの暗い巨きな石の建物のなかで考えていると、
 
詳しくはこちら

MEMBER

メンバー
武田 桂

脚本・演出・俳優

 

新国立劇場演劇研修所第3期生。
出演作に、新国立劇場「るつぼ」(宮田慶子演出)、銀河劇場「GO WEST」(池田鉄洋演出)、16'17'18'「子午線の祀り」(野村萬斎演出)、2018年読売演劇大賞最優秀作品賞)他、CM、ナレーション、短編小説や古典を語るソロライブも展開中。

加藤 亜祐美

作曲・演奏

 

東京音楽大学ピアノ科を経て、東京藝術大学大学院ソルフェージュ科修士課程修了。現在は、オペラなどの伴奏ピアニストや、クラシック音楽に留まらず、作曲家として映画劇伴や、舞台音楽、大手CMへの楽曲提供も手がけている。2015年10月、Ayumi Kato名義でソロアルバム「IMAGINARY LANDSCAPES」をリリース。

嶋村 みのり

俳優

 

武蔵野音楽大学声楽科卒業。
森は生きている、Little women等、ミュージカル出演、ライブ、ブライダル、即興芝居、朝ミュージカル等でピアノ伴奏も行う。
GINZASIXの観世能楽堂にて、「月夜見」出演。毎年日吉神社で行われる古夜に5年連続出演。約1年間、京丹後にある丹後七姫劇団に所属。
2017年1月に東京に戻り、演出助手としても活動中。

大畠 英人

俳優

¥1500

日本大学芸術学部音楽学科卒業、尚美学園大学大学院修士課程修了。
ミュージカルグループかものはし「URINETOWN」(ボビー)、日枝神社で行われている古夜「スサノオ」、「諏訪明神」等に出演。現在、ミュージカルなどの歌唱指導としても活動中。これまで、丹羽勝海、山崎岩男、櫻田亮の各氏に師事。